From TAKE54

アクセスカウンタ

zoom RSS イエスマン

<<   作成日時 : 2009/06/05 00:05   >>

トラックバック 0 / コメント 2

夕食時TVを見ていたら、気になるNEWSをやっていた。

<都立高校の元校長、教育委を訴え>というタイトルだ。

事の発端は、教育委員会と、その校長の意見の違いだったようだ。以下は「TBS NEWS」からの抜粋だ。

>「言っても意見が反映されなければ、人間誰しも言わなくなる。“適当にやっていればいいんだ”と。適当に何年間か勤めて、そういう空気がまん延するのが一番怖い」(土肥信雄さん)

詳細は、下記を参照していただくとして、我が社でも、近隣の同系企業でも、似たような事例が多く見受けられるように思う。教育の現場でこのような事が起きているとすれば、次世代を担う者達にも、少なからず影響が有ると思われる。


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20090604/20090604-00000069-jnn-soci.html

実際我が社でも、「イエスマン」は重宝がられている。多少仕事の能力が低くとも、文句を言わずに働く奴が、どんどん出世している。「何であんな奴が・・・」とか思ってしまう。

私の現在所属する部署は、子会社であるサービス部門なのだが、そこへは「煩い奴」が大勢配置転換(出向)となってくる。かく言う私もその一人と言えるのだろう。僕は高卒だが、入社以来ずっと、下手な大卒よりは良い仕事をしているという自負が有った。自分の思った事は、どんどん進言し、会社を良くして行かなければ、会社は儲からない。利益が出なければ、給料だって上がらないのは自明の理だ。でもそんな私は「うるさい奴」なのだ。相当煙たがられているのだろう。喧嘩も沢山したから、嫌な思いをした社員もいるのだろうが、会社に良かれと思ってした事だ。怒鳴ったりした事は怒られても仕方ないとは思うが・・・意は汲んで欲しいと願ったものである。

言われた事だけを、大人しくやっている者が優遇され、尊重されるというのは、どう考えてもおかしい。納得出来ない。能力のある者がリーダーシップを持ち、会社を引っ張っていく、そのようにしなければ、その企業に未来は無いと思う。後進も育っていかないだろう。

要は、今の我が社の役員達が無能力者だという事なのだろうか?それとも、そんな風潮があちこちに広まっているのだろうか?もしそうなのだとしたら、お先真っ暗だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり、違う意見を受け入れられるか否かが成功の鍵だと思います。周りにイエスマンばかりを集めたがる人は、自分を持ち上げてくれる人や褒めてくれる人しか受け入れられない為、相手の為を思ってストレートな意見をいう人をはねてしまうので、結局何も進歩しないままになってしまいます。
自分にとって、はっきり言われたくない意見でもきちんと受け入れられる度量や寛容さが成功に繋がると思います。
その点、うちの会社の社長や会長さんは、人間の器が大きいと思います。
UR都市紀行
2009/06/05 22:14
>UR都市紀行さん

コメント有難うございます。

「会社を良くしたい」と思っている、愛社精神のある者達を認めないのは、非常に残念ですね。我が社だけじゃなく、近隣の企業でも似たような事が起きている様子。普通の社員は自己保身に入ってしまいます。悪循環ですね。ニュースで取り上げられた元校長先生が、少し羨ましいですよ。少なくとも、身近にいる生徒達には、その志が理解されているのですから。

>その点、うちの会社の社長や会長さんは、人間の器が大きいと思います。

これはすごく羨ましいですね。我が社は昨年、前社長が亡くなり、息子が新社長になりました。まだまだ全てを掌握出来てはいないと思いますが、まだ若い(30歳)ので、今後に期待です。まあ、私はあと9年位で居なくなってしまうのでしょうが・・・少しでも会社の役に立ちたいですよ。頑張って仕事した方が、気持ちもいいですから。

TAKE54
2009/06/05 23:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イエスマン From TAKE54/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる