From TAKE54

アクセスカウンタ

zoom RSS 神経圧迫

<<   作成日時 : 2009/08/05 23:06   >>

トラックバック 0 / コメント 2

もう10年以上前から、疲れると左手が痺れるようになっていた。

疲労が溜まると、肩から腕、肘、手のひら、小指から薬指、中指と広がってしまい、かなり憂鬱だった。

ストレスなどが原因である事、運動が必要な事は容易に想像がついたのだが、なかなか解消には至らなかった。

僕は結構「無駄に緊張」する。普通の人がリラックスできるような場面でも、肩に力が入っていたり、歯をくいしばっていたりという事が多いのだ。もっと、筋肉が弛緩する時間が必要だったのだろう。

この冬頃からはずっと、肩のこり、指の痺れがずっと残っていた。「このままではマズいなあ」とは思っていたが、なかなか(医者に行く)踏ん切りがつかなかった。だいたい医療費だってバカにならないし・・・

ここ暫らくは、事情があってバイトも入っていなかった事から、今日は整形外科へ行こうと決めた。行ってよかった。「肘の神経が圧迫されていますよ」との事だった。悪化すれば手術も必要な事もあるのだとか。幸い私のはそこまでひどくはなく、肘を温める、肩を温める、「ゆる体操」をやる、という3つのリハビリをやる事と、痛み止めやビタミン剤の処方を受けた。

「ゆる体操」はいい!
これは僕にピッタリだと思った。You Tubeなどの画像も有るようなので、興味のある方はご覧になって下さい。今まで通った整形外科では、大抵「腰痛体操」とか、「肩凝り体操」とかの紙を渡されておしまいだった。それを継続出来れば良いのだろうが、なかなか苦痛であり、長続きしなかったのだ。不器用な僕は「ゆる体操」をまだ自分のものに出来ていないが、要は筋肉を弛緩させられれば良いのだ。2分程でも、時間が空いたら出来てしまう。これなら続けられそうだ。

今日は午後から精神科にも行ったので、「医者のはしご」になってしまった。医療費合計で1万円近くかかったのも痛いが、得たものも大きい。ちょっと忙しかったけれど、良い一日であったと思う。

明日出勤すれば、明後日からは長い夏休みが始まる。我が家も含め、出かけない人も多いのだろうが、全く勿体無い話だ。こんな長い休みを貰えるチャンスはそれ程多くは無い。借金してでもいいから、長期滞在型リゾートにでも行きたいような気もするなあ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
肘の神経が圧迫されて腕や肩全体が痺れていたとのこと。医者であれば簡単にわかったはずですがねえ。
たまたまダメな医者にかかってしまったんでしょうかねえ。
素人の私でも痺れは神経だと思うんですが。はて。
うちの奥さんは肩こりがひどかったのですが、
去年から水泳を次男と一緒にやり始めたら、
まったく無くなりましたね。
「最近肩こらないの?」と私が聞いて、始めて気がついたようですが。(笑)
私は凝ったことありません。
ドラムでゆる体操やってるようなもんですから。
funamyu
URL
2009/08/12 00:47
>funamyuさん

君津に行っており、RES遅くなりました。

今回は、少し遠かったけど、評判の良い病院にかかりました。日曜も診察を行っている、とても親切で良心的な、有り難い病院でした。嫁さんが数年前に肋骨を折ったのですが、その際そこで診察してもらい、絶賛していましたし。

全てにおいて「人」は大事だなあと思うのですが、特に医者の良し悪し?は重要ですね。

水泳、いいですよね。やりたいとは思うのですが、なかなか続かないです。息子を連れて、市内の障害者プールに行く機会が有るのですが、一緒に泳いだ時は痛みを忘れます。運動は大事だなあと、実感しますね。

そうか、funamyuさんはドラムやるから結構な運動になるのですね。僕は「ゆる体操」と出合って気が楽になりましたよ。「リラックス」する時間を、少しは作れそうな気がします。
TAKE54
2009/08/14 23:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
神経圧迫 From TAKE54/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる