テーマ:モータースポーツ

23rd Tokyo Moto rShow その1(モータースポーツ車両)

若い頃はマメに写真を撮っていた。そしてそれをアルバムに保存していた。かなり暇だったのだろうな(笑)。 そんなアルバムが長い年月の間にカビててしまい処分する事にしたのだが、懐かしさもありブログにアップすることにした。大した画像ではないのでがっかりなさる方も多いかもしれないが、ご勘弁を。 これは当時あまり好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WTCC岡山Rd.

今月末はいよいよWTCC岡山だ。 我らが荒聖治選手も参戦する。夫婦&息子も娘もファンなので、今年は是非応援に行かねばとは思っていた。しかし、生憎の不況による財政難で、今年もそれは叶いそうもない。非常に残念だが仕方がないのだ。 サポートというには贅沢な、併催レース3つ。Asian Le Mans、Formula BMW、F4日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全日本カートレース 1982

1982年当時、まだ郵便局に勤務していた。 計画年休という制度があり、前々年度に余った有給休暇をカレンダーに予め登録し、消化するという物だった。当時、一般企業ではまだまだ休暇の取得が難しい時代であった中で、異例の制度だったかもしれない。 それを利用して休暇を取り、カートの全日本選手権を追っかけた。一応ピットクルーという名…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スバル、WRC撤退

景気が悪い時は、モータースポーツ界にも危機が訪れる。支援してくれるスポンサーも少なくなるし、参加している企業の業績だって上がらないからだ。 先日はホンダがF1撤退を発表、スズキもWRC撤退を表明済みだ。この2つは、ある意味仕方無かったと言えるかなと感じていた。 昨日スバルがWRC撤退を表明したのには、かなり驚いたし、非常に残…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

WTCC

今週末はWTCC岡山だ。 日本初開催だし、生で見たい気もちょっとするが、Jスポーツで中継されるので、TV観戦で我慢だ。 本当はF3が一番好きだが、ツーリングカーも面白い。WTCCはオンエアでもいろいろ工夫が有るし、サーキットも普段あまり見かけない所なのでちょっと嬉しい。昔活躍した、ちょい悪オヤジ風なドライバーたちも、良い味出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RTタクミ

若い頃は2輪にも多数乗った。 僕はバランス感覚が無く、しかも臆病なので2輪には向いていない。が、楽しいものは楽しい。高性能な自動車は高価だが、それと同じか、ずっと上の性能を有する単車でも比較的安価に購入出来る。財布の軽い若者には最適だ。 20代半ば頃から10年以上、殆ど毎日バイク屋に通っていた。市販車も扱うが、競技車両のメン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マカオGP’94(その3)

月曜早朝にジェットエンジンの高速船で香港へ。船は速いのだが、その分すごく揺れる。この日は波が荒く、乗り心地は最低だった。船内でサンドイッチの朝食だったのだが、Aちゃんは船の揺れに耐えられず体調を崩してしまう。他の者達は幸い無事だった。僕はジェットエンジンの音にちょっと感激してしまい、名残り惜しかった。いかにも速そうで良い。 午前中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マカオGP’94(その2)

決勝日も快晴だ。朝夕は結構冷え込むが、日中、日差しの下ではとても暑い。半袖が必要だ。 我々は早々にスタンドに行く。メインスタンド裏は大きな貯水池なのだが、そこから流れてくる風が冷たい。スタンドの屋根とフロアの隙間をその風がビュ~っと下っていくので、寒がりの僕にとってはちょっと辛い。 今日は人がどんどん入ってくる。皆の席を確保すべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マカオGP’94 (その1)

1994年と96年にはマカオGP観戦に行った。94年は、いろいろな意味で感慨深い旅だった。 まず、初の海外旅行であった事。もう結構良い年だったのだが、主として金銭的な問題で、それまで海外には行った事が無かったのだ。この年も実は、やっとお金をかき集めて行ったのだ。 長年行きたかったマカオに、ようやく行けるようになった事も嬉しかった。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HAASE BRITZ(カート歴1993~)

ハッセ・ブリッツは93年に僕のところに来た。初の新車(コンプリートでの)という事もあり、とても嬉しかった。色が薄いパープル系で、当時は赤や黒のフレームが主流だった中では異色だった。紙製の小さなタグに、ミケーレというサインをしたものが付属しており、「ああ、本当にイタリアで作られたのだなあ」と実感する。ブリッツよりさらに上級のフレーム(名前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カート歴1981~1993

最初に購入したフレームで、何度かレースに出たが、全くお話しにならなかった。他のカートに付いていく事が全く出来なかったのだ。これはおかしいと思ったのか、カートショップの社長が乗ってみてくれた。ところがその際他のカートと接触してしまう。どうやら操縦性にかなりの問題があったようで、右コーナーで曲がりにくかったとの事。僕は初めてのカートなので知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムサシノ

僕が最初に参加したカートレースは、横田基地近くに有った「ムサシノサーキット」という所で行なわれた。今はもう、住宅地か何かになっているのであろう。騒音問題等で廃止になったのかと思われる。 「ムサシノ」は今の基準から比べて、かなり小さいサーキットだったのだが、コースレイアウトが面白く、ちょっと難しいが飽きないサーキットだった。隣がブタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

K-TAI 2004

2003年は長男がまだ乳飲み子だったので参加をお断りしたのだが、2004年のK-TAIにまた誘っていただけた。後輩は「お金は不要です。クルマも自分達で作るので、TAKE54さんは気兼ねなく楽しんでください」と言う。嬉しい言葉ではあるが、プロの助っ人ドライバーでもなく、カートだってメチャ上手な訳ではないので、かなり躊躇したのだが、カートを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

K-TAI 2002

2002年、モテギK-TAIに出場した。K-TAIとは、カートを使用したお遊び的な耐久レースだ。お祭り感覚である。本番は7時間耐久なのだが、僕らはその前日(8月3日)に行なわれる3時間耐久に出場するのだ。 02年の時は、僕のお古のRM125/カリ(CRG)を使用した。 このカートは、後輩に「乗るか?」と聞いたら「乗る」という事だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッションカート

僕らが「スプリントカート」と呼んでいた比較的シンプルな構成のゴーカートから、モーターサイクルのエンジンを流用した「ミッションカート」と呼ばれる物へ乗り換えたのは1998年頃の事であった。 最初に購入したのは、ヤマハのモトクロッサー「YZ80」のエンジンを、イタリアのビエッセというフレームに搭載した奴だった。これは新車で購入したのだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖治くん

聖治君というのは、全日本やスーパーGTなどで活躍している荒聖治選手の事である。2004年のル・マン24時間レース優勝者でもある。日本人でル・マン総合優勝した事があるのは関谷さんと聖治君だけだ。 お父さんがポカールゴルフのメンテナンスをしている時代、彼は中学生位だったのだが、その頃から既にサーキットでお父さんの手伝いをしていた。なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

94’パシフィックGP

1994年、95年には岡山県にある「岡山国際サーキット」(当時の名称は「TIサーキット」)という所でF1が開催された。日本で1シーズンに2回、F1が開催されたのはこの時だけだ。お金の力でF1を開催したと言える。 岡山は小さいサーキットで、当時は全日本F3までしか開催の経験がなかった。当然オフィシャルも全然足りないという事で、他のサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

審判員

ポカールが無くなってしまってからは、サーキットへ行く機会が当然ながら激減した。 既に郵便局は辞めてしまっていたので、公務員のように暇を持て余す程では無かったが、予定の無い週末はちょっと寂しい思いがした。でも相変わらず貧乏であったので、お金を掛けずにサーキットへ行く方法としてはレースのオフィシャルしかないかな?と思ったのだが、レース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pokal

1988年頃、ポカールクラブというところでアルバイトを始めた。仕事はVWゴルフで行なうモータースポーツイベントでの会場設営やそのサポートなどだった。 当時私は、ゴルフⅡの1.6ディーゼル・4速マニュアルシフトという車に乗っており、すっかりVW党になっていたので、カーグラに載っていた先のアルバイト募集記事に飛びついたのだった。 カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴーカート

23歳頃、ゴーカートを始めた。今から35年ほど前の話になる。 中高生くらいの頃から漠然と、将来は「ディンギー」か「カート」をやりたいと思っていた。ディンギーとは小さいヨットの事だが、今yahooで検索したら、僕が欲しかったモノの本当の名称は「セイリング・ディンギー」というらしい。 そもそも何故ディンギーだったのかというと、当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more