From TAKE54

アクセスカウンタ

zoom RSS 車遍歴番外編・ルノ−4

<<   作成日時 : 2008/12/29 00:11   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1989年、僕がゴルフUを購入したのに影響されたか、旧知の友人達も外車に乗るようになった。元々皆クルマ好き、単車好きの連中なので、なおさらだ。

フィアットリトモ・アバルト130TC 、ゴルフTなど、仲間が増えて嬉しかった。そしてわが弟はルノー4を購入した。ボロボロの借家に外車が2台。何とも不釣合いな光景だった。

弟のキャトルも84年製だったと思う。もはや全てのディテールは思い出せないが、特徴のあるシフトノブや、シートの折りたたみ方などに初めて触れてみて、随分違うものだなあと感心した。設計年次も違うし、生まれた国も違うからだとは思うが、どれも似たような作りの日本車と比べ、かなり魅力的に感じた。

ルノー・キャトルは、次世代の5(サンク)同様、リア左右のトーションバー(バースプリング)が互い違いに取り付けられており、ホイールベースの長さが左右で異なっているのが有名だ。そんな点といい、ハブナットが3本しかない所など、ヨーロッパの合理主義を感ずる。
先に書いたシフトノブなどは、エンジンの前側にあるミッションまで、まっすぐなロッドで繋がっているだけだ。それをダッシュボードに生えたシフトノブで遠隔操作するのだ。押して1st、引いて2nd、右よりに押せば3rd、引いて4th、リバースは左に倒して押すのだったかな?考えた人は偉いと思うが、何だか笑える。

初めて乗るフランス車は、ドイツ車とはかなり違った。シートは安っぽいがソフトだ。もっとロールするかと思ったが、適度だと思う。初めて乗る左ハンドル車はちょっと戸惑ったが、車幅が狭いので、料金所などではさして困らない。

困ったのは、燃料計の不正確さだ。針がフラフラしていて、どこを指しているのか分からないのだ。そんな慣れない車で出かけた折、ガス欠を経験した。運悪く大雨が振り出し、GSまでびしょ濡れになって歩いた。

キャブ車だし、冬は暖気運転が必須だった。ポイントが減って、パワーが出なくなり、横浜駅前の地下駐車場の坂を上がれなくなった事もある。ちょうど女子大生とデートをしていた時であり、えらくかっこ悪かった。

その他、キャンバストップには閉口した。80km/hも出すと、風圧を受けバタバタとウルサイ。飛ばしたい盛りだった僕にとって、これはとても耐えられなかった。車のポテンシャルはもっと有るのに、煩いからスピードが出せないなんてナンセンスだと思った。キャンバスはOリング状の部品で引っ掛けて止めるのだが、どう考えても機密性は保てない構造だ。雨が入ってきてしまう。

今ならそれでも充分に楽しめるかもしれない。昔より精神的なゆとりも有るし、ノスタルジックな車を楽しみたい気持ちがまだまだ捨てきれないからだ。

テールレンズは、昔のアメ車のように突出していたのだが、当時の日本の法規では、サイドに光が漏れてしまうのはご法度だったらしく、輸入業者の手で稚拙な覆いが取り付けられていた。これが漏電の原因となり、何度球切れを起しただろうか?ヤナセさんできちんとPDIを受けた車とは格段の差が有った。

そんなルノー4、弟も金銭的な理由その他で、以外に早く手放す事となった。リトモ・アバルトの友人も、そう長くは乗らなかった。僕は貧乏をしながらも、ディーゼル車故の低ランニングコストに助けられ、その後もずっと欧州車に乗り続ける事が出来た。人それぞれ選択肢が違うとは思うが、僕の車選びは間違っていなかったと強く感じたのを覚えている。

キャトルはデザインも可愛いし、それなりに実用的では有った。フルゴネットならなお良かったとは思うが、ごく身近にこんな車があり、一時を過ごせた。今となっては良い思い出だ。今でも時折キャトルの事を思い出す。嫌な思いもしたけれど、最近あまり見なくなったのは寂しい。いつかまたこんな車に乗ってみたい気がする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご存知の通り、ルノーは2台乗り継いでいます。
なぜなら気に入ってしまったから。
日本の道路に合うのはフランスいや、おフランス車ですよマドマゼ〜ル!
少年
2008/12/29 20:47
>おフランス車ですよマドマゼ〜ル!

という呼びかけは何方になさっているのでしょうか?
僕になら、「ムッシュー」ですよね?

でもまあ、そういう呼びかけをしたくなるお気持ちは何となくわかります。
フランス車の「エスプリ」を、多くの方(女性??)にわかって欲しい。楽しんで欲しいという事なのでしょうね?

たぐおぺさんも、フランス車多数乗りましたね。プジョー605は、特に秀逸でした。今は無国籍っぽい車が増えていますが、フランス車は比較的個性的ですよね。でも僕はとうとう乗れずにおしまいになってしまいそうです。「欲しいなあ」とは思いますが、コスト面やメンテナンスの事を考えてしまいます。まあ、どちらにしろ、買える境遇にないですけど。
TAKE54
2008/12/30 22:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
車遍歴番外編・ルノ−4 From TAKE54/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる