アクセスカウンタ

<<  2009年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


MPV(LY3P)のバッテリー交換

2009/06/29 23:36
車検時の残件だったバッテリー交換がやっと終った。お金も無いので、リユースバッテリーを使用した。「容器」は中古だが、中身は「新品」なのだという。一年の保障も付く。

ネットで検索し、「ましきでんち」さんというところから、標準である「80D26」より容量のある「115D26」を購入しようとしたが、タッチの差で売り切れ!だった。諦めきれずに「次の入荷予定は?」と問い合わせると「入荷予定は未定だが、推奨品がある」との事だった。メールの文面からは、何となく誠実な感じが伝わってきて嬉しかった。自分でもちょっと単純とは思うが、気分よく買い物が出来るのは重要な事だ。オススメの中から「出光SUPER DieHard D26L」のリユースバッテリーを購入した。

価格は¥8.500、新品の三分の一の価格だ。外観はあまり綺麗ではないが、どうせ見えないのだし充分だ。だいいち、新品を購入したってトラブルは有り得るのだ。バッテリーは使用方法などで寿命なども変わる。突然死だってあるかも知れないのだから。

到着したバッテリーには、保証書と交換時のマニュアルが添付してあった。念のためそれに沿って作業する。あっという間、30分足らずで終える事が出来た。

画像


画像

★取付け前の画像は撮り忘れた。再生バッテリー搭載後の画像。素人でも簡単に交換可能。


エンジンもすぐに始動した。純正の時計をアジャストし直して終了。古いバッテリーは、3輪車や鉄くずと一緒に、知人の経営する鉄くず屋さんに処分をお願いした。近所の産廃業者でも引き取ってくれるようなのだが、どこが良心的なのか不明だった事もあり、無難な選択をした。到着から廃棄まで、わずか半日足らず。以外に簡単に、大した面倒もなく終える事が出来た。リユースバッテリーは結構「使える」良い買い物かもしれない。

また何かあれば、ここにまたアップしよう。

画像

★当初装着のバッテリー。パナソニック 80D26L
記事へトラックバック / コメント


ブログ、ちょっと更新します(愚痴なので、読まない方がいいですよ)

2009/06/29 22:03
久し振りのブログ更新だ。

最近は、ブログはもっぱらROMのみ、mixiも最小限にした。
この数ヶ月の睡眠時間は、僕にとってかなり少なかったようだ。

今では毎日6時間から7時間程度は寝ているのだが、まだ寝たりないような気分だ。そして、新たな課題。睡眠が足りてくると、今度は別の欲求が出てくる。「何か欲しい病」なのだが、これが厄介だ(笑)。「カートに乗りたい」とか「単車が欲しい」とか、「自転車なら買えるかな?」など、キリがない。今の経済状況では、どれも無理なのだろうが、何かしたい。何か自分の好きな事を思いっきりやってみたいと思うようになって困っている(笑)。以前なら、カートもオフィシャルも目一杯やっていた。家族をも犠牲にしていたかと思う。その罪滅ぼしを今しているつもりだが、やはり何か打ち込めるものが必要なのだろう。元来飽きっぽい性格なので、かなり打ち込める物を見つけられるまでにはしばらくかかるのだろう。

MPVのバッテリーを交換したので、mixiじゃなくこっちにアップする事にした。車検の時記事を書いたのだが、その続編になるからだ。
記事へトラックバック / コメント


ブログちょっと休みます

2009/06/10 22:45
ブログをちょっと休んでみようと思います。

この1ヶ月ほど体調が思わしくありませんでした。ストレスに弱い僕は、ちょっとした体調の変化が強いストレスに繋がりがちでした。歳をとるにつれて、自己の体調管理のノウハウもわかってきており、それを実践する事で、だんだん健康になって来つつあるなあ、なんて思っていた矢先でした。

調子の悪い原因は、「インタネットにはまりすぎによる夜更かし」だという事は分かっていたのです。今日はたまたま通院日でしたので、この4週間の経緯を纏め、精神科のDr.に相談してみました。いつもより雄弁だったDr.は「ネットは20時以降禁止。早く寝るように!」と。以前お世話になっていたカウンセリング担当のDr.も「22時就寝目標で」と仰っていました。funamyuさんならまだお仕事中の時間ですけれど。

そもそも「20時以降禁止なんて、子供じゃないんだから」とか思いましたが、試しにやってみる事にします。結果が良好なら、今後の対策をその時また考えます。22時就寝はちょっと無理ですけれど。でも23時位までに寝るのが、僕にとって大事な事のようです。

ネットは全部お休みする訳じゃなく、朝出勤してから、始業までの時間はPCを覗いています(本来私用は禁止ですけれど・・・)ので。家では子供のいる時間は無理なので20時以降禁止という事は「PCにさわるな」という事になります。

最近特にですが、よく考えもせずにコメントなどをしてしまい、数多くの方々に不快な思いをさせてしまった事をお詫び致します。今後はもっと思慮深く行動したいものです。変なところがあれば、遠慮なく仰って下さい。

体調が悪いと言っても、深刻な疾病などではありません。「ちょっとストレスに弱すぎ」なんですね。
これを読んでくださる数少ない皆様、どうぞご心配無きようお願いいたします。
記事へトラックバック 0 / コメント 11


イエスマン

2009/06/05 00:05
夕食時TVを見ていたら、気になるNEWSをやっていた。

<都立高校の元校長、教育委を訴え>というタイトルだ。

事の発端は、教育委員会と、その校長の意見の違いだったようだ。以下は「TBS NEWS」からの抜粋だ。

>「言っても意見が反映されなければ、人間誰しも言わなくなる。“適当にやっていればいいんだ”と。適当に何年間か勤めて、そういう空気がまん延するのが一番怖い」(土肥信雄さん)

詳細は、下記を参照していただくとして、我が社でも、近隣の同系企業でも、似たような事例が多く見受けられるように思う。教育の現場でこのような事が起きているとすれば、次世代を担う者達にも、少なからず影響が有ると思われる。


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20090604/20090604-00000069-jnn-soci.html

実際我が社でも、「イエスマン」は重宝がられている。多少仕事の能力が低くとも、文句を言わずに働く奴が、どんどん出世している。「何であんな奴が・・・」とか思ってしまう。

私の現在所属する部署は、子会社であるサービス部門なのだが、そこへは「煩い奴」が大勢配置転換(出向)となってくる。かく言う私もその一人と言えるのだろう。僕は高卒だが、入社以来ずっと、下手な大卒よりは良い仕事をしているという自負が有った。自分の思った事は、どんどん進言し、会社を良くして行かなければ、会社は儲からない。利益が出なければ、給料だって上がらないのは自明の理だ。でもそんな私は「うるさい奴」なのだ。相当煙たがられているのだろう。喧嘩も沢山したから、嫌な思いをした社員もいるのだろうが、会社に良かれと思ってした事だ。怒鳴ったりした事は怒られても仕方ないとは思うが・・・意は汲んで欲しいと願ったものである。

言われた事だけを、大人しくやっている者が優遇され、尊重されるというのは、どう考えてもおかしい。納得出来ない。能力のある者がリーダーシップを持ち、会社を引っ張っていく、そのようにしなければ、その企業に未来は無いと思う。後進も育っていかないだろう。

要は、今の我が社の役員達が無能力者だという事なのだろうか?それとも、そんな風潮があちこちに広まっているのだろうか?もしそうなのだとしたら、お先真っ暗だ。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


たぐおぺさんからの電話(リユースバッテリーの事)

2009/06/03 12:36
古くからの友人で、マイミクさんでもある「たぐおぺ」さんからTELが有った。

久し振りである。家はすごく近いのだが、なかなか会えずにいるのだ。
元気そうな声を聞き、何だか嬉しくなる。

本人の前であまり褒めた事は無いが、「本当に良い生き方をしているなあ〜」と思う。いつもにこやかで、周囲をも和やかな雰囲気にしてくれる。実際には苦労も有るのだろうが、何でもかんでも嬉々としてやっているように思える。非常に羨ましい。

電話の用件は、リユースバッテリーの事だった。ブログを見て電話をくれたのだ。ちょっと嬉しかった。毎回私のブログを見てくれているという事である。大変有り難いと言うか、「つまんない記事で申し訳ない」という思いだ。他にも、アップするたびに見てくださる方が数人居られる。この場を借りて、お礼というか、お詫び申し上げる。

たぐおぺさんはリユースバッテリーを使用した事があるのだそうだ。ネットで購入し、廃棄するバッテリーは近所の産廃業者に持っていけば引き取ってもらえるとの事。具体的な金額も出たのだが、ネット上で公開のデメリットがどこかに有るかもしれないのでここには記さないでおく。

それにしても、このような事は電話じゃなく、ブログにコメントして欲しいと思う。本人にもそう言ったのだが、なかなか難しいのだろう・・・「たぐおぺさん、何でもいいからコメント書いてね〜」

僕は何かにつけ「書きたがり」なので、いろんな所に出しゃばってしまうが、時には大きな失敗もある。それでも昔よりは、「場の流れに合ったコメント」が出来ているように思うが、世間一般的にはまだまだなのだろう。「気の利いたコメントが出来る方はすごいなあ」って思ってしまう。でも、そうでないコメントだって、有っても良いはずだ。funamyuさんなどにも励まされた???おかげもあり、最近は少し居直って、「変なコメント」を書き続けている。

たぐおぺさんは、「車を買い換えた」とも話してくれた。彼が今まで乗っていたオペルは、我が家のトラヴィックと同じ世代のクルマなので、非常に好感を持っていた。世間的にはあまり人気がないのかもしれないが、そこがまた魅力だ。「人と違う車に乗りたい」という思いを充分に!?満たしてくれる(笑)。今度購入したフォードも、そんなクルマだ。非常に羨ましい車種選択である。今の僕には、経済的にも、環境的にも難しいから余計に羨ましさがつのる。現状では、MPVが車検などの時でも、僕の通勤車であるEZワゴン(ワゴンR)をその代役とする事が出来る。車での移動が多い我が家では、こういう車種選択が必須なのだ。自ら選んだ車種なので、今の車に大きな不満は無いのだが、「自由なクルマ選び」を夢見る事は多い。まあ、当分は無理だろう。夢のまた夢である。

それにしても、今は独身男女が非常に多い。私や、カミさんの友人達にも独身者は多い。結婚したい気持ちはあるようなのだが。。。たぐおぺさんがどうこうと言いたいのではないが、非常に勿体無いような気がする。私は幸いにして良い伴侶と巡り合ったが、そういう思いを皆にして欲しいようにも思う。反面、独身者は自由気ままで羨ましくもあり、彼(彼女)らの気持ちも充分にわかる。僕だって、つい7年前までは似たような事をやっていたからだ。今は障害児をかかえる身でもあり、そういう思いを他の方にさせたくない気持ちもある。ただ、そんな中にも、周囲の方々の温かみを感ずる事も多々有り、これはこれで幸せなのかなとも思う。

縁もあるのだろうが、出会いを見出すのは難しい。結婚してみれば、「ああ、これがそうだったのか」とか思うのだが。最近身近に有った例では、友達の家での飲み会で知り合い、結婚し、最近可愛い男の子を授かった方も居る。旦那さんは本当によい方で、非常に幸せそうである。当然ながら、結婚には妥協も必要なのかと思うが、あとは当人達の心がけ次第のような所もあると思う。

勝手な言い草ばかり述べてしまったが、良い人には幸せになってもらいたいと願う。

記事へトラックバック 0 / コメント 2


MPV(LY3P)の車検終了!

2009/06/02 00:06
息子の小学校は「開校記念日」とかで休日だったのだが、学校との連絡がうまく出来ておらず、金曜まで知らずにいた。今日は午後一番で車検場の予約をしてあったので、「子供がいるのはちょっとなあ」と思っていた。「一緒に行きたい」とか言うからだ。あいにく!?娘の幼稚園もも午前中で終了だったので、平日にも関わらず、昼食時には家族4人が揃っていた。

案の定、娘が「一緒に行きたい」と言う。午前中は息子と一緒に「金策(笑)」で走り回っていたので、兄妹公平にという事で、午後は娘を連れていく事にした。息子を連れていくのはかなり辛いが、娘なら言葉で言えば理解できると思った。娘はルンルン♪である。僕は「絶対つまらないよ〜」と言ったのだが、まあ、社会勉強か何かと考えればいいかと思うことにした。いつか、何かの糧になるかもしれない・・・

我が社と同じ工業団地にある「相模自動車検査登録事務所」に着く。家からもあっという間だ。ゴタゴタしていて書類を全く用意していなかった。申請用紙を購入(25円)、その他の書類も含め「やっつけ」で記入。実は自分で記入するのは初めてだった。大した事を書かないのは知っていたのだが、どこをどんな風に書くのか知らないまま確認せずに書いた。今は「独立行政法人」となり、かなり親切だ。不明な点も親切・丁寧に教えて下さる。今回は時間が無かった事から、それに甘えてちょっとルーズな事をしてしまった。受付で念入りに調べられてしまったが、さして不備は無かったようだ。

いよいよ検査開始なのだが、事務所の方に「子供を乗せたままで良いですか?」と聞いたところ、「う〜ん・・・」と悩んでおられた。そのため娘は「見学コース」で待たせる事にした。車も目の前で見られるから、不安も少ないだろうからだ。「見学コース」は始めて入ったのだが、ガラス張りで綺麗である。バリアフリー?仕様なのか、車椅子などでも入場可能なようになっている。排気ガスの臭いも、それほど気にならない様子だ。危険もあまり無さそうなので「パパの車に沿って移動する事」「知らない人について行かない」事を注意し、ラインに向かう。

運悪く、直前はアメ車だった。各ポイントで、何だかんだと時間がかかっている。待っている時間に娘に手を振る。ちゃんと大人しく待っている。ラインでも、MPVは特に大きな支障は無かった。心配された「サイドスリップ」も「ライトの光軸」も異常なしでひと安心。あとは新しい車検証とステッカーを交付してもらえばおしまいだ。

娘と共に帰途へつく。今日かかった費用は、重量税その他の印紙や証紙代等、合計¥27,025だった。昨日かかった点検費用+自賠責保険との合計で約9万円。「これだけあればTVか洗濯機が買えるのになあ」とか思うが、今の社会では必要な費用なので止むを得ない。まあ、比較的短時間で、無事終わったのは大変有り難かったと思う。
マツダの方の配慮に感謝。娘も(珍しく)良い子でいてくれた。パパが頑張っているところ、ちゃんと見ていてくれたのかなあ???
記事へトラックバック 0 / コメント 2


<<  2009年6月のブログ記事  >> 

トップへ

From TAKE54 2009年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる